セルフケアとフェイシャルエステの違い

MENU

セルフケアとフェイシャルエステの違い


小顔になる体操やマッサージなどはテレビや雑誌などでいろいろ紹介されています。
そのような小顔体操や小顔マッサージを試しても、思ったような結果が得られなかったという人は多いのではないでしょうか。
というか、効果が合ったという人を見つけるほうが難しいかもしれません。
顔のむくみやたるみというのは、個々人で原因が違います。ですから、その原因に合ったケアをすることが大切です。
例えば、コラーゲンが減少してたるんでいるのに、表情筋を鍛える体操をしてもあまり意味がありません。



エステの小顔ケアというのは、プロのエステシャンが、その人に合ったケアをしてくれます。
そのため、セルフケアでは効果を感じなかったという人でも効果が感じられます。



セルフケアで間違ったマッサージ方法などを行うと、肌を痛めることがあります。
マッサージするときは、マッサージ用のクリームを塗ることが大切です。
普通の化粧水を塗ってマッサージすると、肌を傷めることが多いので注意してください。
フェイシャルエステでは、プロのエステシャンがマッサージ用のクリームを使ってケアをするので、肌を痛めません。



セルフケアとフェイシャルエステの施術にはこのような違いがあります。