腸閉塞を予防するために|医療機関で定期的に体内チェックしよう

看護師

腸内トラブルに注意

医者

原因を理解しておく

腸閉塞は、腸の中に便が溜まってしまう病気で、腸が塞がれているために便が排出できない状態でいます。このような状態が続いてしまうと、激しい腹痛を感じるようになります。症状が続くのであれば病院で診てもらい、治療として入院して絶飲食を行っていくことになります。この腸閉塞が起こる原因は、開腹手術により癒着が生じてしまうことや、開腹手術をしていなくても大腸がんなどで起こってしまうことがあります。開腹手術は癒着を起こしてしまうリスクがあるので腸閉塞になりやすく、実際に過去に手術経験のある人が多いです。また、大腸がんやヘルニア、悪化した胃潰瘍なども、便を塞いでしまうことになります。このようなことから腸閉塞は、開腹手術した人の危険性と、腸内に起こる病気の疑いを持っておくことが必要です。

取り組みたい予防法

腸閉塞を予防していくには、定期的な検診でその状態を確認していくことが効果的です。腸の中を直接見ていくことが大切で、それには内視鏡検査が最適な方法です。内視鏡検査を行う病院は増えてきているので、検査を受けることは難しいことではありません。過去に開腹手術を受けたことのある人はもちろんのこと、腸内の病気を早めに知ることもできるのでおすすめです。また、消化の悪い食べ物をたくさん食べていくことは、消化不良を起こしてしまう原因となるので注意が必要です。例えば糸こんにゃくや昆布などがそうで、大量に食べれば腸閉塞になってしまう可能性もあります。適度な量で食べていくようにし、暴飲暴食を避けていくように気を付けます。そして、腹痛が続く場合は腸閉塞の疑いも含めて、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

腸が詰まる病気とその予防

女性

腸閉塞とはさまざまな原因によって腸が詰まってしまう病気です。原因としては大腸の手術後に腸壁が周囲と癒着するケースや、腸が捻れたりして変形しているケースの他、大腸がんや重度の便秘も挙げられます。大腸の手術を受けたことのある人はもちろん、大腸がんの家族歴がある人や便秘の人は定期的に検査を受けるべきです。

もっと読む